足の臭い 成分 イソ吉草酸

足の臭いの成分について

足の臭いの例えで「男性は納豆、女性はチーズ」とよく言われたりします。
あの臭いにはいったいどんな成分が含まれているのでしょう?

 

足の臭いの主な成分は「イソ吉草酸(イソキッソウサン)」というもの。
この成分が納豆やチーズ、または雑巾のような悪臭を漂わせているのです。

 

では、どのようにな流れで足が臭くなるのかを簡単に説明しましょう。

 

まず、足の裏にはエクリン汗腺という汗の出る汗腺がとても多く集中しています。
足裏は体の中でもとくに汗をかく場所で、1日にコップ1杯分の汗が出ると言われているほどです。
ただし、この汗自体の成分はほとんどが水ですので、汗自体が臭いを発しているわけではありません。

 

汗をかくことで靴の中が蒸れて温度が上昇し、雑菌が増殖しやすい環境になるのです。
さらに、足裏の剥がれ落ちた角質や皮脂などが雑菌のエサとなり、雑菌はますます繁殖していきます。
蒸れた靴の中はまさに雑菌の楽園といったイメージです。

 

そして雑菌は角質や皮脂、汗などを分解してイソ吉草酸は作り出します。
イソ吉草酸は、言ってみれば雑菌のフンみたいなものなのです。

 

以上、足の臭いの成分についてお伝えしました。
このメカニズムを知っておけば、足の臭い対策のモチベーションにもつながると思います。

スポンサーリンク

足の臭いの成分はイソ吉草酸関連ページ

角質
かかとがくさい原因は足の裏の角質です。このページでは足の臭うの原因や角質ができる理由などについて解説いたします。
病気・ストレス
足の臭いの原因となる病気についてやストレスからくる足の臭いについて解説します。
ストッキング・靴下
なぜストッキングは足が臭くなりやすいのか?なぜ靴下は臭くなるのか?について詳しくお伝えします。
夏・冬のブーツ
夏に足が臭くなる理由や冬のブーツが蒸れて臭くなる理由など。
アンケート調査
女性の足の臭いについてのアンケート調査を掲載しています。自分の足が臭いことの自覚症状や男性がどう思っているのかなど。
足汗がひどい原因
足の汗が臭い原因や足汗をかく量がひどい原因について詳しく掲載しています。この他に足汗が出たときの対象法などもご紹介します。